椎那です。

 

BMWの車体には車同士を識別する番号があります。

今回はどのような番号なのか、どう使うのかみていきましょう。

 

車体番号って?

車体番号はBMWの場合VIN(Vehicle Indification Number)コードを用いています。

これはISOで決められており、アメリカとEU諸国で採用しています。

この番号は17桁でできており、生産国等の情報を読み解くことができます。

 

車体番号はどこにあるの?

車体番号はどこにあるのでしょうか?

まずは、ボンネットを開けたエンジンルーム左側に刻印されています。もう1つは車検証に記載されています。

 

車のプロフィールを見るには?

車のプロフィールを見るにはBMW VIN Decoderにアクセスし、画像の赤枠部にVINコードの下7桁を入力します。

すると、愛車のプロフィールが表示されます。

モデルや馬力なんかも書いてありますね。他にもオプションも記載されているページが表示されます。

隣のPDFのアイコンをクリックするとPDFで保存もでき、保管しておくと見たいときにすぐに見ることができて便利ですよ。

 

車体番号って何に使うの?

さて、車体番号を使って車のプロフィールを見ることができましたね。

結局のところ他には何に使えるのでしょうか。

私がここで一番使いたかった項目はペイントコードです。

ペイントコードを確認するために車体番号からプロフィールを検索しました。

赤枠部がペイントコードの項目で重要なのは数字になります。

 

このペイントコードはボディカラーと同じタッチアップペンを買う際に役立ちます。

私は車についた傷を修理するために、VINデコーダーでプロフィールを調べ、ペイントコードを確認しました。

そのおかげで、同じ色のタッチアップペンを買うことができました。

おわりに

今回は車のプロフィールを見ることができる車体番号についてでした。

私はボディカラーと同じタッチアップペンを買うために調べました。

他にも中古車を購入した時や検討しているときに車のプロフィールを確認してみるのも良いかと思います。

 

車の出身地や誕生日を確認できるって面白いですよね。

 

椎那でした。