椎那です。

 

走りが軽快なBMWですが、オールシーズン走行するには1つ懸念点が…

それは冬!

そう!

雪道走行です!

 

BMWの雪道走行について実際に走ってみた感想を紹介します!

 

BMWと雪道って関係あるの?

あまり詳しくない方や雪国在住でない方からすると、BMWと雪道に何の関係があるのか疑問に思う方もいらっしゃるかと思います。

ですが、雪国民にとっては結構重要なポイントなんですよ!

 

何に警戒しているかというと…

スリップです!

 

そうです、スリップです。

BMWはちょっと雪道に弱いところがあります。

そのため、雪道を走行するときは注意しなければなりません。

 

BMWが雪道に弱いのはどうして?

どうしてBMWが雪道に弱いのかというと、駆動方式と関係があります。

車に詳しくない方でも4WDや4駆などを聞いたことがあるのではないでしょうか。

この4WDというのが駆動方式のことです。

 

4WDとは4輪駆動のことで、アクセルを踏むとすべてのタイヤが回転します。

最近ではAWD(オールホイールドライブ)と呼ばれたりします。

雪道では4輪全部で進もうとする4WDが重宝されます。

 

4輪駆動があるならということで2輪駆動もあります。

2輪駆動には前輪が動くタイプと後輪が動くタイプがあります。

今回は簡単に2種類紹介します。

 

まずはFF(フロントエンジンフロントドライブ)方式です。

乗りたい車が4WDじゃない!FFか…まぁ、大丈夫かな。

4WDじゃなくてせめてFFの方がいいよなんて言われたり。

私が初めて買った車はFF方式でした。

 

FF方式というのはフロントにエンジンがあり、前輪が駆動する方式です。

この方式の利点は駆動する前輪にエンジンの荷重がかかるため、雪道をタイヤがとらえやすいので走行しやすいことです。

FF方式の車に乗っているときは滑ることは気にせず乗っていました。

 

そしてFR(フロントエンジンリアドライブ)方式です。

FRはやめた方がいい!

せめてFFにしなさい!

4WDの方が絶対にいい!

雪国では大体このようなことが言われます。

 

FR方式というのはフロントにエンジンがあり、後輪が駆動する方式です。

この方式は雪道でタイヤが空転しやすいです。

 

簡単に説明すると、砂浜などの足の取られやすい場所で重い荷物を引っ張って進むのと押して進むのでは、押して進む方が足を取られて滑ってしまいますよね。

 

FRではこの現象が起きます。

重い車体を前進させるときにタイヤが空転してまったり、カーブでは進む方向の外側に前進する力が加わるため、後輪が流れやすくなります。

以上のことから雪道には向かない駆動方式といわれています。

 

そして、BMWはほとんどの車種でFR方式を採用しているため、雪道の走行には十分な注意が必要です。

 

BMWで雪道は走れないの?

雪道には向かないFR方式を採用しているBMWで雪道は走れないのか挑戦してみました!

考えてみると本国ドイツでも雪は降っているわけなので、走れないことはないと思いますが…

 

購入して初めての冬

FRでの走行が初めてだったので慎重に走りました。

もちろんスタッドレスタイヤ着用です。

 

信号での発進時は特にスリップして進めなくなることはありませんでした。

ですが、アイスバーンは滑りました。

 

直線を走行していて後輪がちょっと滑ったり、交差点で曲がっているときに後輪がずるっとなったり、山道でちょっとスピード出してカーブに進入したら曲がりきらずに雪だまりに当てたりと危ない場面がありました。

 

山道で滑ってからはゆっくり走行すると決めました!

なにがあっても!

最近流行のあおり運転をされようとも!

 

それからは特に滑ることはありませんでした。

雪道では滑るものだと思ってゆっくり慎重に運転することが重要ですね!

 

おわりに

今回はBMWと雪道走行について紹介しました。

雪道には向かないFR方式のBMWではゆっくり慎重に運転しましょう。

BMWに限ったことではありませんが、通勤やおでかけの際は十分気を付けてくださいね。

 

椎那でした。