椎那です。

 

みなさんはエンジンオイルは何を使っていますか?

純正オイルを使っている方

量販店でオイルを入れている方

様々なメンテナンス方法がありますよね。

 

エンジンオイルはエンジンの健康状態を保つのに重要なものです。

エンジンが気持ちよく動くために様々なことをしてくれています!

 

エンジン内部で金属のパーツ同士が接触せず、滑らかに動くことができるようにしたり、

エンジン内部の汚れをオイル中に取り込み、きれいにしたりします。

人間でいうところの、関節の軟骨や血液と同じですね。

 

この軟骨や血液が古くなっていたり、ドロドロになっていたらどうでしょう?

骨同士がこすれたり、血液中に老廃物がたまってしまい、

体中が悲鳴をあげてしまいますよね。

 

人間には軟骨を修復したり、血液をきれいにしたりする仕組みがありますが、車にはありません。

そのため、エンジンオイルを”交換”することで、エンジンの健康状態を保っているのです。

 

ですが、このオイルについてBMWを乗っていく中で注意しなければならないことがあります。

 

減る…?補充量っていくつ?

みなさんはエンジンオイルが減るって聞いたことがありますか?

 

国産車に乗っているころは既定の距離を走ったら交換していました。

時折、オイルゲージを見ていましたが、気にしていたのはオイルの色くらい。

量は特に変わった印象はなかったので気にも留めませんでした。

 

BMWはどのくらいの頻度でオイル交換すればよいのだろうと調べたとき、

いたるところで目にしました。

そう、「エンジンオイルは減る」と。

 

国産車からするとあまり想像できないことですよね。

いろいろな方の体験談によると、概ね1,000kmで1Lくらい減るようです。

でもこれが普通のことのようで、継ぎ足せば大丈夫です。

 

私の乗っているe90 320iですと、オイル量を車がセンサで把握しており、

オイルが少なくなると警告灯が点くようになっています。

この警告灯が点けばオイルを足すといった感じです。

 

ですが、私はこの警告灯を一度も目にしたことがありません!

購入してから2回オイル交換をしていますが、出会ったことがありません。

 

オイルに基準があるの…?

エンジンオイルはいろいろは種類がありますよね。

その中でも粘度というものがあり、車に合った粘度のオイルを選ばないといけません。

 

エンジンオイルで「5W-30」等、目にしたことがあるのではないでしょうか。

これが、オイルの粘度を表しています。

国産車であれば、この粘度が同じであればほとんど適合します。

 

ですが、BMWのエンジンオイルは粘度のほかに、気にしないといけないことがあります。

それは、BMWはエンジンオイルに厳しい規格を設けているため、

その規格に適合したオイルを使用しなければならないということです。

 

私の車は「BMW Long life-01」に適合するオイルを使う必要があります。

みなさんも自分の車にはどの規格が当てはまるのか確認した方が良いですよ。

 

オイルパーツはこれだ!
FUCHSTITAN Super Syn Long life SAE 5W-40

私は、車に乗るたびにオイル減りにドキドキするのは嫌だなと思っていました。

なんか安心して乗れませんよね。

特に車で旅行した時に警告灯がつけば旅先でオイル補充となれば、楽しい旅行の腰を折られた気分になりそうです。

 

そんなことを車屋さんに相談しておすすめしてもらったオイルがこちら!

 

FUCHS
TITAN Super Syn Long life SAE 5W-40

このオイルはもちろんBMWの規格に適合しています。

オイル交換の頻度ですが、25,000kmまで交換しなくても良いとされていますが、私は4,000kmごとで交換しています。

25,000kmというと、年間走行距離10,000kmとすると2年半もオイルを継ぎ足しながら乗ることになります。

その間、エンジン内部の汚れを蓄え続けることになります。

そうなると、なんだかエンジンにとって不健康のような気がしてならないので、私は交換する派です。

 

車を購入してからずっとこのオイルを使用しています。交換量は4L入れてオイルゲージMAXになります。

他のオイルを使用したことがないので比較はできませんが、

使用した感じでは、常にエンジンが滑らかに回っている感じがします。

走行していてもエンジン音がうるさいと感じたことはありません。

 

交換してから走行距離が多くなれば、だんだんエンジンの振動が大きくなったり、

パワーが出にくいことがあったりしますが、ほとんどパフォーマンスの低下はないように思います。

そして、なんといってもおすすめな点が、オイルがほとんど減らないということです!

一度もオイルの警告灯を見たことがなく、今ではオイルの減りに関しては何の心配もしておりません。

 

とても安心して使うことのできるオイルです!

 

おわりに

エンジンオイルは車の軟骨や血液の役割をします。

車も人間と同じように老廃物が出ます。

人間は老廃物を処理できる仕組みがありますが、車にはありません。

 

オイルを交換することで車を健康な状態に保つことができます。

車のパフォーマンスも向上させることができますよ。

ただのオイルだと思わず、1つのパーツとしてメンテナンスすることをお勧めします。

 

椎那