椎那です。

 

気分よくドライブしていたら突然のパンク!

近くにガソリンスタンドもない!

路肩に寄せてスペアタイヤに交換するか…

あれ!?トランクにスペアタイヤがない!

 

なんと!BMW 3シリーズ e90以降ではスペアタイヤが搭載されていません!

パンクしたらどうするのよ!

そんなわけで、今回はスペアタイヤについて紹介します。

スペアタイヤはないの?

スペアタイヤの隠し場所はたいてい車体後部の裏か、トランクの底です。

では、確認してみましょう!

 

車体後部の裏

トランクの底
見当たりません!どこにも見当たりません!

その代わり、トランクのスペースにはブースターケーブルなどの工具を入れてます。

スペアタイヤが無いのはどうして?

BMWにスペアタイヤが無いのは、タイヤに秘密があります!

BMW 3シリーズ e90以降で使用されるタイヤランフラットタイヤと呼ばれるタイヤで、このタイヤはパンクしても走行できるタイヤなのです!

 

パンクしているのに走行できるなんてすごいですよね!

普通のタイヤだとパンクしたら空気が抜けてタイヤがペチャンコになるのですが、ランフラットタイヤはタイヤの側面を厚くして空気がなくても車を支えることができる構造のおかげでパンクしても走行が可能です。

パンクしてもある程度走行できるので、スペアタイヤへの交換は必要ありません。そのため、BMWにはスペアタイヤが搭載されていないのです。

おわりに

BMWのスペアタイヤの有無について紹介しました。

スペアタイヤが無くても大丈夫な秘密はパンクしても走れるランフラットタイヤにあります。

ドライブ旅行の最中にパンクしたとなれば気分は落ち込みますが、ランフラットタイヤなら安心して近くのガソリンスタンドやタイヤショップなどに行くことができます!

安心してドライブできるっていいですよね。

 

椎那でした。