椎那です。

 

今回はとても難しいことを議題にしようと思います。

それは…

魅力!

乗り心地!

に、ついてです。

 

いわゆる、「駆け抜ける喜び」です。

中古BMW e90 320iに駆け抜ける喜びはあるのか。

素人なりに感じたことを伝えたいと思います!

BMW e90って大きいの?

3シリーズ 320iですので、ごく一般的なセダンと同じくらいの大きさだと思います。

長さ:454cm
幅:180cm
高さ:142cm

私の車ですと以上のようなサイズ感になります。

車検証にサイズが書いてありますので、お持ちの車と比較してみると良いですよ。

 

車内空間ですが、運転席、助手席はくつろぎやすい空間です。

後部座席は乗り慣れていないせいか、大人の男性が座るには少し圧迫感を感じました。

駆け抜ける喜び、ここにあり!

一番重要な点、運転してどうなのかですよね。

よく言われる、駆け抜ける喜びは素人でも感じることができるのでしょうか。

 

結論から言いますと、素人の私でも駆け抜ける喜びを感じることができました!

どのような点に感じたのかというと、応答性です。

 

加速したいときに加速する、減速したいときに減速する、当たり前のようなことですが、BMWはほんのちょっとのアクセルワークでも車が反応してくれます。

そのため、今このくらい加速したい、減速したいという運転手の意志を表現しやすい点が、運転のしやすさというところに現れてきます。

 

そして、ありきたりな観点かもしれませんが、重量比も重要な点です。

BMWは前後の重量比50:50になるように設計しています。

 

この50:50という重量比の利点はどこで感じることができるのでしょうか。

それを感じるのは特に山道を走っているときです。

 

以前はFFの国産スポーツカーに乗っていました。

山道のカーブに差し掛かると車体前半分の重さというのがハンドルに伝わり、車の前半分だけで走っているような感覚でした。

 

しかしBMWでは重量比が50:50になったことにより、重心が運転席付近になり、同じ山道を走っていても、車全体で曲がる感覚、回転中心が自分の腰にある感覚になります。

以前は少々つらかった山越えも、運転が楽に感じる理由はここにあると思います。

 

そして、この重量比とアクセルやハンドリングの応答性も合わさり、思うままに操縦することができます。

運転というより”操縦”に近いでしょう。

この”操縦”という感覚、これこそが”駆け抜ける喜び”だと私は感じました。

 

以前まではシートに座れば車は運転するものと思っていました。

しかし、今ではシートに座れば操縦する楽しみ、走る楽しみが湧きあがってきます。

おわりに

大変難しい観点である”駆け抜ける喜び”についてでした。

文字で伝えるには難しい内容で、個人により感じ方は違いますが、私の見つけた”駆け抜ける喜び”も、1つの視点として知ってほしいと思い書きました。

 

あなたもあなたの”駆け抜ける喜び”を見つけることができます。

 

参考動画として、よく比較されるマークXとBMW e90 320iの比較動画をご覧ください。

今回は3本だてです。

Vol1

 

Vol2

 

Vol3

 

椎那でした。