ヴィッツとBMW 3シリーズを比較

みなさん、こんにちは。

 

往復40分の道のりを中古BMWで毎日通勤している、たろです。

こんな方向けに発信しています。

いつかはBMWに乗りたい…!

だけど、乗り換えたらどんな感じ?

乗り心地はそんなに変わるの?

こういった疑問をお持ちの方へ向けて日本車とBMWの違いをお伝えします。

私のBMWが車検を迎えてディーラーでお泊りしている間、代車としてトヨタ ヴィッツを貸し与えられました。

 

しっかり有料、というかレンタカー。

 

そこで、せっかくの機会なのでトヨタ ヴィッツとBMW 3シリーズ 320i E90を主観的に無理やり比較します!

 

ヴィッツ 型式:DBA-NSP135

スペック出典:https://www.goo-net.com/catalog/TOYOTA/VITZ/10116021/

 

BMW 型式:LBA-PG20

スペック出典:https://www.goo-net.com/catalog/BMW/3_SERIES/10062261/

BMWとヴィッツの大きさの違いは?

さて、それでは比較していきましょう。

まずは車のサイズです。

車幅感覚など、運転のしやすさにつながる重要なポイントです。

 

(単位:mm)BMW E90 320i LCIトヨタ ヴィッツ
全長4,5403,945
全幅1,8001,695
全高1,4251,530
ホイールベース2,7602,510

 

全長はBMWの方が約600mm長いですね。

ヴィッツはハッチバックタイプなので後ろの窓ガラスまでがおおよそ車の後ろになります。

しかし、BMWはセダンタイプなので後ろの窓ガラスから更にトランクがあります。

乗り換えたときは後ろの長さ感覚をつかみにくい場合もあるので注意が必要です。

 

そんな時に便利なのがバックカメラです。

 

バックカメラがあると後ろが見やすいのでとても安心感がありますよ。

私もバックで駐車のときはバックカメラで位置を確認しています。

 

全幅もBMWの方が大きく、運転席に座ると車内空間が広くなったことを実感できます。

 

全高はBMWの方が低くなっていますが、シート高さも低くなるので高さの窮屈さは感じません。

 

BMWの方が車高が低く、ホイールベースが長いことからカーブを曲がった時に安定感があり運転しやすいです。

BMWとヴィッツの乗り心地の違いは?

続いても運転のしやすさ、そして駆け抜ける喜びにもつながる加速やパワーについてです。

 

 BMW e90 320i LCIトヨタ ヴィッツ
車両重量1,500kg1,080kg
排気量1,995cc1,329cc
最高出力125kW/6,700rpm70kW/6,000rpm
最大トルク210Nm/4,250rpm119Nm/4,800rpm
燃費(JC08モード)14.2km/L18km/L
使用燃料無鉛プレミアムガソリン無鉛レギュラーガソリン

 

排気量、最高出力、最大トルクすべてヴィッツよりBMWの方が高くなりました。

 

この違いを感じるのは、加速の時です。

 

BMWに乗ると力強い加速を体感できます。

 

加速したいときに加速できるアクセルのレスポンスも合わさり、駆け抜ける喜びの一端を感じ取ることができるでしょう。

 

一方、注意も必要です。

 

ヴィッツに乗っているときと同じようにアクセルを踏み込むと、BMWの方が出力やトルクが強い分、想定していた以上のパワーが出てしまう場面も想定されます。

信号待ちや駐車の際は充分に注意しましょう。

 

また、シフトはヴィッツはCVT(無段変速機)で、BMW E90は6速ATです。

 

そのため、BMWに乗り換えるとギアが切り替わる感覚に違和感を覚えるかもしれません。

 

BMWにはマニュアルモードもついてるため、好きなタイミングで思い通りにギアを変えることがでるのが高ポイントです!

ヴィッツではスポーツ(S)とブレーキ(B)の切り替えのみで、ちょっと物足りませんでした。

 

続いて、運転のしやすさで重要となるのがハンドル操作があります。

ヴィッツではスルスルとハンドルを回すことができます。

 

反対にBMWではハンドルが重たく

 

「なんだこの重たさは!」

 

と感じるでしょう。

 

ですが、このハンドルの重さのおかげでヴィッツでは感じることができなかったタイヤを動かしている感覚を感じるでしょう。

BMWでは路面状況がしっかりハンドルに伝わってきて、タイヤがどの方向を向いているか把握することができます。

 

この点が思い通りに走ることができるという、BMWの運転のしやすさに繋がっていると感じます。

 

ヴィッツを運転し始めてすぐの頃は、タイヤがどのくらい回っているのかわからず、ハンドルを回し過ぎてしまい慌てて戻す場面もありました。

ヴィッツからBMWに乗り換えて気をつけることは?

運転中気をつけなければならないのはウィンカーの位置です。

BMWと日本車ではウィンカーの位置が逆です!

初めのうちはウィンカーを動かしたいのに、ワイパーを動かしてしまいます!

私も何度かやりました。

そして今もやります。

BMWのワイパーとウィンカーの操作方法は以下をご覧ください。

あわせて読みたい
あわせて読みたい

おわりに

今回は、車検の代車として借りた(有料)トヨタ ヴィッツとBMW E90を比較しました。

たまに違う車を運転することで、ヴィッツの良いところ、E90の良いところ、それぞれ見えてきますね。

 

やっぱり、車によって乗り心地は全然違いますね。

今回は良い経験ができました。

たまには違う車を運転するのも良いですよ。

 

現在はBMWの中古車がお手頃な値段になってきており、BMWに乗り換えるチャンスが多くなっています。

さらにお得に乗り換えるには、今乗っている車を高く買い取ってもらうのが一番です。

よくある一括見積もりは複数の業者で見積もりしてもらえる利点はあるものの、たくさんの業者から連絡が来て個別に対応しなければならずとても大変です。

「こんなに大変なら乗り換えるのは諦めようかな…」

私もひっきりなしにいろいろな業者から電話が来た思い出があります…

 

ですが、おすすめの買取サービスは1社に連絡するだけで複数の業者がオークション形式で買取価格が決まります!

一括見積もりより手間のかからない買取サービスです。

おすすめ愛車買取サービス

ぜひ、BMWを試乗して駆け抜ける喜びを体感して手に入れてください!

 

たろでした。