椎那です。

 

中古でBMWを購入した時に無料でもらったスタッドレスタイヤがご臨終だったので、新しいスタッドレスタイヤを買うことにしました。

今まで使っていたスタッドレスタイヤはランフラットタイヤでした。

評判のあまりよろしくないランフラットタイヤ。

 

買うときはいろいろ悩みました…

ランフラットタイヤにしようか…

普通のタイヤにしようか…

 

そして、思い切って脱ランフラット化することにしました!

 

今回は脱ランフラット化について紹介します。

 

ランフラットタイヤってなに?

BMWのタイヤは純正装備でランフラットタイヤが装着されています。

ランフラットタイヤはパンクしたとしてもタイヤ自体の強度で車体を支えて、しばらく走行を続けることができます。

そのため、ランフラットタイヤを装着している車にはスペアタイヤは搭載されていません。

 

ランフラットタイヤについては以下の記事をご覧ください。

厄介なランフラットタイヤ。BMWが示す走りの安全!

 

ランフラットタイヤって辞めれるの?

ランフラットタイヤの良いところはなんと言ってもパンクしても走れること!

ですが、普通のタイヤと比較しても高い!

ただでさえ高いスタッドレスタイヤがさらに高い!

 

…私のお財布に大ダメージです。

…私にも大ダメージです。

 

雪道でパンクした場合、安全に停まることができるのか心配ですし、大雪の中パンク修理なんてしていたら死んでしまいます…

やっぱり、ランフラットタイヤの方が良いのだろうか…

 

ふと考えてみました。

BMWに乗る前は日本車に乗っていて普通のスタッドレスタイヤを使用していました。

パンクしたことはあったでしょうか?

いままで親の車や自分の車でパンクしたことがないし、雪道ではパンクしにくいのではないか?

 

なんと楽天的なのでしょう!

そんな理由でランフラットタイヤをやめることにしました。

 

ランフラットタイヤから普通のタイヤに履き替える場合、サイズが変わらなければ同じホイールを使うことができます。

なので、特にホイールを買いなおす必要はありません!

 

ただし、脱ランフラット化にも注意点があります!

スペアタイヤを搭載していないBMWにはパンク修理キットを積んでおく必要があります。

パンク修理キットはカーショップ量販店やAmazonでも買うことができます。

 

私は以下のパンク修理キットを車に積んでいます。

このパンク修理キットには緑色のパンク修理剤と電動ポンプが入っています。

電動ポンプは普段の空気圧点検の時にも使うことができるので便利です。

 

脱ランフラット化して乗り心地はどう?

ランフラットタイヤを履いていたころの乗り心地はロードノイズが大きく、タイヤ操作が重く振動も大きい印象でした。

普通のタイヤに履き替えてからは、ロードノイズが減り、振動も少なくなり、全体的に乗り心地は良くなりました。

 

ですが、今まで固い足回りに慣れていたせいか、若干ふわふわした挙動になったような気がします。

気持ち悪くなるほどの挙動ではなく、なんかいつもと違うなと思うくらいのふわふわ加減です。

これも慣れてしまえば何も感じなくなります。

 

普通のタイヤに履き替えて快適になる部分はあると思いますが、車から伝わってくる路面情報が減った気がします。

若干なので、大きく気にするほどではないかと思います。

 

乗り心地が良くなりましたが、慣れていないと違和感を感じた部分を紹介しました。

 

おわりに

BMWでのよくある問題、脱ランフラット化について紹介しました。

今回はスタッドレスタイヤを脱ランフラット化しましたが、夏タイヤはまだランフラットタイヤのままです。

タイヤ交換した際は乗り比べてみます!

 

脱ランフラット化した際はパンク修理キットを忘れずに。

そして、自己責任でお願い致します。。。

 

椎那