簡単カスタム!BMWロゴカーテシランプでラグジュアリー感UP!

たろです。

この記事ではBMWのドアを開けたときに足元を照らしてくれる”カーテシランプ”を使ったドレスアップについて紹介しています。

「まわりとは違ったBMWにしたい!」

「もう少しラグジュアリー感を出したい!」

そんな方におすすめです。

それでは、ごゆっくりお楽しみください。

BMWのドアを開けるとロゴが現れる!

車を購入してから納車までの間、みなさんはどのように過ごしますか?

「なにかいいドレスアップのパーツはないかなぁ。」

私は、他の方がどんなドレスアップパーツを付けているのかと思い、「320i e90 lci 改造」とかでいろいろ検索していました。

ですが、なかなか心惹かれるものに出会えませんでした。

何気なくAmazonでパーツを見ていると、面白そうなものを見つけました!

なんと、ドアを開けると足元を照らすランプからBMWのロゴが出ているではりませんか!

「これ、かっこいいじゃん!」

一瞬にして心を奪われ、すぐさま前後のドア分の2セットを購入しました。

この足元を照らすランプはカーテシランプといいます。今回調べて初めて分かりました。お恥ずかしい。

BMW ロゴ カーテシランプ 開封の儀

そして届いたのがこちらです!

3D SHADOW LIGHT



なにやら英語で書かれていますがスルーしてしまいました。

中身はこちらです。


購入したカーテシランプ(画像左)と純正のカーテシランプ(画像右)と比較しました。

左のランプを見ると丸いところからBMWのロゴが出て、右側のランプは全体が光るようになっています。

横から見ると構造の違いがよくわかります。

左のランプにある突起はロゴの向きを調節するツマミです。

こちらはドアを開けた時にBMWのロゴがいい感じに見えるように調整できます。

最後にコネクタ部分です。

ほとんど一緒ですね。違いといえば左のランプにはコネクタの下に突起がついていますね。

BMWロゴ カーテシランプの取り付け作業開始!

では、実際にはめてみましょう!作業自体は簡単です。

  1. 内装ハガシ等でランプを外す
  2. コネクタからランプを外す
  3. 新しいロゴランプを取り付ける
  4. 仮り合わせをしてロゴの位置を確認し、位置を調整
  5. ロゴランプをはめ込む

以上のような手順で作業時間はおよそ20分です。

ゆっくり安全に行いましょう。

取り付けにはこちらの動画を参考にしました。

 

装着するとこんな感じです。ちゃんと光ってくれています!

夜になればロゴがはっきり浮かび上がります!ドアを開けた時にちょうど良くロゴが見えるように調節するのをお忘れなく。

ドアを開けるたびBMWのロゴが出てくれると、なんだか車に迎えられている気分になります。

 

感動…!

 

昼間に作業する場合はロゴが全く見えないので、手をかざして向きを調整するのがおすすめです

助手席側も同様に交換してあり、初めて乗る人は驚いてくれるのでちょっとうれしくなってしまいます。

★ご紹介したカーテシランプはこちら★

BMWロゴ カーテシランプでの注意点!こんなはずじゃなかった!

問題が発生しました…。

なんと…。

後部座席にはカーテシランプが無かったのです…。

 

私はこのランプを納車前に買って交換を楽しみにしていたのです。

いや、ちゃんと確認しましたよ!

私「ランプはついてますか?」

車屋さん「ついてます!」

 

まさか後ろにはなかったなんて…

 

2セット買ってしまいましたが、もう1セットは予備で取っておくことにします。予備があると安心ですからね!(正当化)

みなさんはしっかり事前に確認してから買うようにしてくださいね。モデルによってはオプションで、もともとついていないこともあるようです。

おわりに

今回は純正のカーテシランプをBMWロゴが出るカーテシランプに交換しました。

作業はとても簡単で、DIY初心者には良い作業かと思います。これだけでも愛着がよりいっそう湧いてきますよ!

くれぐれも、ゲガには注意して作業してください。

たろでした。